マーケティング

成功する動画マーケティングとは。成功する勝ちクリエイティブを見つける方法。

【目次】

  1. 日本エージェンシーの動画量産を低コストで実現するサービス
  2. 効果を約束する勝ちクリエイティブとは
  3. 動画コンテンツ活用により見込まれる成果
  4. 動画の量産を低コストで、日本エージェンシーの動画制作サービス

日本エージェンシーの動画量産を低コストで実現するサービス

日本エージェンシーでは、動画コンテンツのニーズの高まりに対応し、低コストかつ短納期の動画制作サービスを開始しました。

動画1本あたり2万円から、しかも制作期間は最短1日。コストを掛けずに動画の量産が可能になります。

効果を約束する勝ちクリエイティブとは

●成果の出るクリエイティブの要素

動画をどこに配信するか、配信面にあったクリエイティブを制作することが重要です。モバイルに配信する場合は、モバイルに適した動画で制作することが必要です。

秒数は15秒以内であること、大切なメッセージやブランド名は冒頭に表示すること、シンプルな構造であること、そしてモバイルに適したサイズ=正方形や縦長動画で制作することなどが挙げられます。

弊社がご提供する動画は過去の配信で実際に効果が高かった動画をフォーマット化しています。配信面に応じて効果が保証された動画を制作できます。

PDCAを回して効果が高いクリエイティブを見つける

同じ商品を訴求する動画を配信しても効果に雲泥の差があることはしばしばあります。キャッチコピーやビジュアルの表現によって当たることもあれば外れることもあります。そしてその結果を事前に予測することは困難です。

そこで、効果が高いクリエイティブを見つけるクリエイティブテスト(ABテスト)が重要になります。同じビジュアルのクリエイティブでキャッチコピーを変えて配信しどの訴求コピーが反応が良かったのか、をテストします。次にキャッチコピーは同じでビジュアルを変えて反応が良いビジュアルを発見する、そのようにテストを繰り返し最も高い効果を得られるクリエイティブを発見します。そうすることで継続的に高い効果を得ることができます。

しかしこのようなクリエイブテストを行うには複数のクリエイティブを制作する必要があります。弊社がご提供する動画制作サービスは、低コストで量産が可能なため簡単にテストが可能、勝ちクリエイティブの発見が容易に行えます。

動画コンテンツ活用により見込まれる成果

動画コンテンツは一般的にその情報量の多さからユーザーの理解度や購買意欲を高めコンバージョン率を引き上げる効果があります。Yahooディスプレイ広告(運用型)における2121年6月の業種別配信実績では多くの業種で静止画より動画の方がコンバージョン率、CPA(獲得単価)が高い結果となりました。

動画の量産を低コストで、日本エージェンシーの動画制作サービス

日本エージェンシーの動画制作サービスについて、少しでも興味を持っていただいた方は、下のボタンから資料をダウンロードください。

具体的に話を聞いてみたい、という場合はお気軽にお問い合わせください。