• HOME
  • コラム
  • 【採用ブランディング事例】知名度が低くても有望な人材が集まる秘訣
実績

【採用ブランディング事例】知名度が低くても有望な人材が集まる秘訣

採用ブランディングはこんな方におすすめです

▶求人をかけても応募がほとんどこない

▶採用について無駄な費用ばかり使っている気がする

▶合同求人イベントに出展しても自社ブースにほとんど人が立ち寄らない

▶どうしたら自社にマッチする求職者と出会えるのか分からない

▶都市部の大手企業との競争に勝つのが難しい・・・

▶内定を出しても辞退されてしまうことが多い・・・

▶採用した人がすぐに辞めてしまう・・・

採用ブランディング支援サービスとは?

お客様参加型のワークショップをもとに、採用活動におけるボトルネックを発見し、御社にマッチする人材の獲得を目指すブランディング戦略をご提案します。計画の実行から効果検証までを行う伴走型サービスをご提供します。

知名度が低い中小企業が採用に勝つ方法はただひとつ、どんな企業にも必ずある「強み」を掘り起こして伝える事です。採用ブランディングとは、求職者から「選ばれる会社」になるために自社の強みを見直し、採用市場で直接、または様々な媒体やツールを利用して、一貫性を持って伝えていく手法です。

【採用ブランディングメソッド】
①求職者の意識や競合の戦略も踏まえてコアメッセージを開発
②どこで自社を就職先として認識してもらうか接点ごとに考察
③コアメッセージを起点に採用活動のコミュニケーションプランを設計
④効果検証から改善策をご提案

上記のメソッドを実践することで、自社の強みを見出し、分かりやすくアピールすることで、価値観が合う求職者に響くようになり、マッチング度合の高いエントリーの獲得につながります。

採用活動のベースは「理念への共感」

正社員の採用とは自社の成長を共に実現する”同志”をみつける作業です。
しかし、いきなり同志になる人は少ないでしょう。まして知名度のない会社ではなおさらです。
同志になってもらうためには、共感を呼ぶ想い=理念が必要になります。
理念とは、会社が何のために存在し、社会に対して何をするのかが表されたものです。
言語化されていなくても、どの会社にも必ず理念があるはずです。
そこを改めて社員全員が再認識し、御社の理念が正しく伝わるコアメッセージを開発しましょう。
そして「同志を発掘する」ための採用方法を構築していきましょう。

3C分析を活用したコアメッセージの開発

自社を就職候補先として認識してもらうために、自社で働く事の価値=コアメッセージを策定します。
競合のメッセージに埋もれ、求職者との間に温度差が生じないようにどんな方に関心を持って頂きたいかを考慮しながら、求職者の意識や競合の戦略もふまえてコアメッセージを開発します。

この際に必要な視点は以下の3つとなります。

①自社視点(Company)
∟自社の特徴
∟企業としてのミッション、ビジョン、バリュー

②競合視点(Competitor)
∟比較検討される企業はどこか
∟比較検討される企業が自社より魅力的な点は何か

③若者視点(Customer)
∟求職者が仕事や就職先に求めていることを理解する
∟就職先の情報収集~比較検討~就職先決定までのプロセスを理解する

御社オリジナルのリクルートジャーニーを開発

求職者が自社で働くことを決意するまでにどのような体験をするのかマップ化した「リクルートジャーニー」を作成し、「どのようにして就職先として再認識をしてもらうか」を接点ごとにまとめます。定量・定点調査を通して、コンタクトポイントとしてどの因子が重要なのか、選択に対し意思変容に影響していたかなどを検証し、より解像度の高いコミュニケーションプランを策定します。

採用ブランディング支援サービスメニュー

策定した採用ブランドコンセプトに沿った採用ツールを用意することで、求職者の応募率向上につなげます。
日本エージェンシーでは、採用サイトをはじめとした、さまざまな採用支援メニューをご用意しています。

▶ブランド開発ワークショップ
▶採用サイト
▶テレビCM、Web動画、シネアド(映画館CM)事例
▶採用パンフレット
▶説明会ブース装飾

▶社内横断のワークショップで、全社員の意識のベクトルが一致するブランドへ

日本エージェンシーの採用ブランディング支援では、職種別、部門別、若手から経営層の方々までご参加いただくワークショップを実施いたします。
社内だけで話し合うと、声の大きな古参社員の意見が強くなりかねません。

弊社が第三者の立場でファシリテーションに入ることで、さまざまな角度からのアイデアを引き出し、次代を担う若手の声も尊重しながら、貴社に最適な採用ブランディングの方向性を明確にしていきます。

▶採用サイト事例

石川県予防医学協会 様/採用サイト

真柄建設株式会社 様/採用サイト

株式会社 サンテン・コーポレーション 様/採用サイト

株式会社 大日製作所 様/採用サイト

株式会社横山商会様/採用サイト

高松機械工業株式会社 様/採用サイト

▶テレビCM、Web動画、シネアド事例

第一電気工業 株式会社 様
第一電機工業が施工やメンテナンスを行った場所を舞台にした映画風TV-CMを制作。
電気工事や空調設備、給排水設備を通して「この街の暮らしを支えていく」企業姿勢をメッセージとしました。

株式会社 石野製作所 様
CMでは伝えられない情報を伝えるために長尺の採用動画を制作。社風や社員の人物像、仕事内容などを動画の豊富な情報量を採用サイトや公式YouTubeチャンネルで公開し学生に企業が伝えたい内容を訴求しました。

株式会社環境開発  様
50周年を機に、記念ムービーを制作し創業理念を反芻するとともにブランドミッションの社内外への浸透を図りました。また、CMでは自社で取り組む事業が社会的に必要不可欠であり、意義のある仕事であることを表現、社員の士気高揚につなげました。

東洋警備保障 株式会社 様
警備業界全般が抱える負のイメージや大手2社と比べて認知度が薄いことから新卒が取れない、離職率が高いという課題がありました。地域の安全を守るという存在意義を訴求し企業認知の向上と社員の士気高揚につなげました。

株式会社北菱 様

小松市の建設機械・産業機械部品・航空エンジン部品、下水道維持管理ロボットの製造メーカー。
社員のモチベーション向上とリクルーティングを目的にCMを制作放映。

株式会社 協和製作所 様
高岡市の銑鉄製品の鋳造メーカー。鋳物の現場と乖離した、いい職場イメージを訴求しても入社後のミスマッチにつながる。そうではなく、とにかく面白そうなことをしそうな企業イメージをつくることを目指しました。

大同工業 株式会社  様
石川県加賀市に本社を置く自動車・バイクのチェーンメーカー。バイクのチェーンは世界シェアトップでありながら、地元以外では認知率が低く、リクルーティングに苦慮していた。創業90年の節目を前に、EV化の波に対応した技術力があること、より良い社会の実現に向けた一翼を担う会社であることを伝えることで就活生のみならず社員や取引先にとっても、魅力ある会社であるというブランドイメージの形成をねらいました。

高松機械工業株式会社  様
大学の工学部や工業高校卒の新卒者の採用を目的にTVCMを制作し放映しました。メカ好きな父親と、高松機械工業に勤務する彼氏を持つ娘との会話劇によって、高松機械工業の企業の人柄を表現しました。続編では、機械だけではない、いろんな職種の働き方があることを表現しています。

北陸スチール株式会社 様 
北陸スチールのパーソナルな部分を見つけ出すため、現場見学や社員へのインタビューを実施。溶接、溶断、開発、加工を担当するそれぞれの社員から、信念やプライド、さらには成功体験や失敗談などを聞き出すことができました。その内容からコピーを開発。堂々とインタビューに答える社員にふさわしい、堂々とした表現を目指しました。

会宝産業株式会社 様 
自動車リサイクル事業の認知獲得を目的としたブランデッドムービーを制作。経産省のJ-LOD事業として採択を受託し、インドと日本国内で撮影を行いました。事業の要件である「ストーリー性のある映像でのブランディング」を満たすために映画監督にシナリオ・脚本を依頼。予告編をweb広告で配信したところ、長尺にも関わらず、3割近くが完全視聴しました。

採用パンフレット事例

株式会社アムテック 様/会社案内
氷見市にある総合清掃会社AMTECHの高卒採用を目的とした会社案内。等身大である女子高生の日常を通して業務内容を紹介しました。

福井鋲螺 様/自社紹介漫画コンテンツ
企業訪問された就活生に対して、わかりやすく自社を紹介するパンフレットを作りたいとの意向から漫画コンテンツを提案、制作いたしました。印刷製本した冊子とともにWEBサイトにも電子版パンフとしてアップし自由に見ていただけるようにしています。

真柄建設 様/採用パンフレットコンテンツ
企業説明会の場で配布するパンフレットを制作しました。現場用ヘルメットの形状を抜き型で再現し就活生の目を引くものを目指しました。

▶説明会ブース装飾

真柄建設 様/合同説明会ブース装飾
合同説明会の会場でアテンションを獲得する統一感のある装飾を制作しました。持ち運びが簡単でありながら目を引く大型ロールバナーや一人でも簡単に設営できる壁掛けタペストリーなど機能性を持たせながら、洗練されたトーンのイラストで先輩社員を表現しました。

石川県予防医学協会 様/合同説明会ブース装飾

採用したい男性職員をメインにしたビジュアルを制作、採用スローガン「一人ひとりが健康大使。」とキーカーラーのブルーで統一感あるデザインを施しました。

人気記事