デジタル

北陸(石川県、富山県、福井県)でWEB集客を強化したい!と思った時に気をつけること

【目次】

  1. 10~60代のインターネット平均利用時間、初めてテレビを超える
  2. 地方の特性を踏まえたWEB集客のカタチ
  3. 地方でのWEB集客を実施する前に必ず準備しておくこと

10~60代のインターネット平均利用時間、初めてテレビを超える

総務省の調査によりますと、10代~60代の全年代で平日のインターネット平均利用時間が初めてテレビを超えたそうです。 https://markezine.jp/article/detail/37181

石川県金沢市にある我が家ではテレビをインターネットに接続しています。小2の娘はずっとテレビでYouTubeを見ていますし(ゲーム実況のチャンネル、子どもユーチューバーのチャンネルを見ていることが多いです)、妻はTver(ティーバー)で見逃したドラマを熱心に見ています。

新聞や雑誌はサブスク契約しているので、夫婦ともにタブレットやスマホで読んでいます。

唯一届くリアルメディアは戸別配布のフリーペーパー「金沢情報」と、それに折込される不動産や宅配ピザなどのチラシです。

ニュースはSNSやスマホアプリで知ることがほとんどです。

そんな日常ですので、インターネットの利用時間がテレビを超えたという調査結果に対しては、「そりゃそうだろうなぁ」というのが正直な感想です。

地方の特性を踏まえたWEB集客のカタチ

広告会社でWEBマーケティングに携わる身としては、年々WEBの重要性が高まっていることを感じています。

住宅・不動産会社様、学習塾様、自動車ディーラー様、家具店様など、かつては集客と言えば新聞折込チラシを主体としていたクライアント様が、予算をインターネット広告に振り向けられることが多くなってきました。

しかし、石川県・富山県・福井県においては、マスメディアを安価に利用できるという地方ならではの特性をもっと上手に利用しない手はないとも感じています。

特にテレビCMは石川県の場合、時間帯によっては1本1万円程度で投下できたりします。

先述の妻だってテレビを見ない訳ではありません。
毎朝の情報番組や、毎週娘と一緒に見ている歌番組やバラエティ番組など、視聴習慣がついている番組を中心に投下すれば、広告効果は十分発揮されるでしょう。

そして、安価なテレビCMを集中投下すると、インターネットでの自然検索が増加し、見込客がテレビからWEBにやってきます。
地方におけるWEB集客の一つのカタチです。
見当違いなインターネット広告を配信するよりよっぽど費用対効果が高い場合があります。

地方でのWEB集客を実施する前に必ず準備しておくこと

これは地方ということに限らないのですが、以下のことに気を付けておかないと、WEBにやってきた見込客を逃してしまうという非常に残念な事態が発生してしまいます。事前にキチンと対応しておきましょう。

  • Google検索結果は御社のWEBサイトがすぐに分かるように表示されていますか?
  • WEBサイトではCMで訴求した内容が魅力的に表現されていますか?
  • 申込フォームは入力しやすいですか?使いやすいですか?
  • Googleマップ(マイビジネス)の表示内容は他社と比べて見劣りしていないですか?
  • WEBサイトへの流入経路や検索ワードを計測できるようにしてありますか?

御社の状況把握、最適な実施プランの企画など無料で対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
もちろん石川県でなくても大丈夫です!

以上、「石川県(金沢市)でWEB集客を強化したい!と思った時に気をつけること」でした。