営業

お困りではないですか?周年記念事業

【目次】

  1. はじめに
  2. 主な周年事業の内容
  3. まとめ

はじめに

日本エージェンシー営業の不破です。
今回は、周年を迎える企業様に対しての発信です。私達も年に1度、両親から生まれたことに感謝する誕生日があるように、企業にも「創立記念日」があります。さらに創業・設立されて迎える節目の年(周年記念年)があり、その年に記念事業を計画する会社は多く、社員はもちろん、取引先様とともに実施されます。0や5の付く節目となるメモリアルイヤー(50周年とか25周年)は何かを実施するタイミングとしては図りやすく、社長交代人事や新社屋建設、さらには新事業の発表などにも利用されています。

その目的としては、「社内の結束を固め、社員の士気高揚や企業の充実を目指す」とともに、対外的には「企業PR、社会還元など」を目指すものと言われています。
特に最近は、ES(従業員満足度)を高めることも大切な要素であると考え社員旅行(と言ってもコロナの影響で難しいかもしれませんが‥)などを併せて実施する企業も増えておりますね。

主な周年事業の内容

①CI・VI

混迷の時代、社是や経営理念の見直しを行い、全社員一丸となっていくためのビジョンを作り上げていくことは非常に大切なこと。新しい経営理念を言葉にしたステートメントやスローガンの作成、企業アイデンティティを視覚的に表現したロゴマークの開発、社名変更を含めたCI・VIはその中でも一番の方法と考えられています。

②社史編纂

過去のいろいろな事案における写真や印刷物などを記録保管することは簡単そうで、実はとても手間のかかることですね。節目に、これまでの過去の記録を形にして残しておくことで、未来に確実な史実を伝えることができます。

デジタルデータで残す形が多く、社史編纂は社内プロジェクトとしてチームを作って行うケースもあります。懐かしの写真が出てきて「ワー、キャー」って喋っているとなかなか作業が進まないなんてことも‥笑

記念式典

基本的には、ステークホルダーの方々に対して、これまでの感謝を表現する場として行います。おもてなし感が問われるため、ホテルや温泉旅館で開催する場合や、ケータリングサービスを利用して自社内で開催するケース等もあります。

内容も、永年勤続者や優秀社員の表彰や、参加いただいた方に対して新規事業やブランドスローガンの発表する場として活用することもあり、対外・対内的なメッセージを発信する場にもなっています。トップ交代のお披露目として新社長初登壇などあります。また、著名人を招いての記念講演も計画しますので、講師派遣なども弊社にお声掛けいただければ硬軟取り混ぜてご提案させていただきます。

④キャンペーン

周年はセールスプロモーションを仕掛けるのに最適なタイミング!よく「〇〇周年記念」という冠で商品やサービスを見かけますよね。お客様の購買意欲を高め、販促効果としても期待出来るため、多くの企業はキャンペーンを実施します。

大切なのは「どういうキャンペーンを展開するか、ターゲットに対していかにわかりやすいメッセージをカタチにして届けるか。」クリエティブ内容がとても重要になって来ます。弊社は数多くのSP実績がありますのでご興味のある方は何でもご相談ください。

⑤イベント

社内レクリーエションとして親睦を深めるためのイベントも欠かせません。家族にも参加してもらう「社員旅行」「食事会」や全社参加の「運動会」など、様々なイベントを計画実施いています。企業チームで参加できるマラソン大会への出場や、メディア主催のスポーツイベント等へメインスポンサーとして協賛することも一つの方法ですね。

⑥社会奉仕

環境・社会・健康・働き方など、私達の周りにも社会的意義のある様々なテーマがあります。持続可能な社会を目指す「SDGs」の考えが企業活動の中に浸透してきている昨今、周年は会社ができることを見つめる良いタイミングです。会社周辺のゴミ拾いや、海岸清掃への参加、マイカー通勤ゼロの日(公共交通機関で通勤)を実施することも取り組みの一つと言われています。

ただ、方針を定めて実行するだけではなく、広くこの活動をステークホルダーに知らしめ、継続的に実行していくことが大切です。この社会活動の発信についても弊社にご相談いただければ具体的なプランを提示することが可能です。

まとめ

周年(誕生日)は企業にとっても特別なもの。新しいことを始める絶好のタイミングです。何かお困りごとや、アイディアをお求めの方、弊社までご連絡ください。お待ちしております。