デジタル

インターネット広告をプロに依頼するメリットとデメリットは?

近年では社会の急速なデジタル化を背景にインターネット広告への出稿が増加しています。電通ウェブサイトの調査によると2021年の総広告費におけるインターネット広告費の割合は39.8%となり、インターネット広告費が初めて推定された1996年実績以来、初めてマスコミ四媒体広告費(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)を上回りました。(2021年のマスコミ四媒体広告費は全体の36.1%)

図2_0222.png

出典:電通ウェブサイト「日本の広告費2021」(https://www.dentsu.co.jp/news/release/2022/0224-010496.html

また、新型コロナウイルス拡大の影響もあり、2019年比で見るとマスコミ4媒体広告費、プロモーションメディア広告費が減少している中、インターネット広告費はコロナウイルスの影響を受けつつも2019年から2021年にかけて毎年数字を伸ばし、成長を続けていることがわかります。

おそらくこの記事を読んでいる皆様もインターネット広告を出すことの重要性はなんとなく感じていることでしょう。上記データを見ても今後もインターネット広告がメディアの一つとして、より主要なものになっていくことは予想できるかと思います。しかし、そんな時代の流れにありながらも「インターネット広告の重要性はわかるけど、なにから始めればいいかわからない!」といった方も多くいらっしゃるかと思います。

そのような企業様の選択肢としては

・自社内で担当者を育成する

・自社でインターネット広告の運用ができる人を雇う

・プロに運用を任せる

などが挙げられると思います。

今回はインターネット広告のプロに配信を依頼する際のメリットとデメリットをご紹介いたします。

【目次】

  1. プロに依頼するメリット①「成果の出るノウハウをすぐに導入できる」
  2. プロに依頼するメリット②「専用スタッフを雇うより割安」
  3. プロに依頼するメリット③「最新機能が常に活用できる」
  4. プロに依頼するデメリット「自社にノウハウがたまらない」
  5. まとめ

プロに依頼するメリット①「成果の出るノウハウをすぐに導入できる」

広告の選択肢の一つとしてインターネット広告はメジャーなものになってきましたが、まだインターネット広告がどういったものかわかっていない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

インターネット広告が主流になってきたことでよく勘違いされているのが「とりあえずインターネット広告を出しておけばすぐに効果が出て来るんでしょ?」といった意見です。確かに上手くインターネット広告を活用すれば来店促進や売上増加、企業のイメージアップなどさまざまな企業様が抱える多種多様な目的を叶えることも可能でしょう。

しかし、インターネット広告は日々進化しており、それぞれの目的を叶えるためにより効果的なツールや特定の分野に特化したツールなどがどんどん誕生しています。そんな中でインターネット広告運用のノウハウもなく、イチからインターネット広告を始めてすぐに効果が出てくる可能性は極めて低いでしょう。

弊社では十数年にわたり様々な規模の企業様のインターネット広告の運用を代行させていただいた実績があり、そこで培ったノウハウが蓄積されています。

上記に記載した通り、自社内で日々更新されていくインターネット広告の運用をイチから学び成果を出す運用をすることは非常に難しいですが、プロに運用を依頼することですでに蓄積されたノウハウを用いてスムーズにインターネット広告の運用を行うことができ、成果へとつなげる可能性をぐっと引き上げることができます。

プロに依頼するメリット②「専用スタッフを雇うより割安」

自社でインターネット広告専門の自社スタッフを雇おうとした場合、広告配信費に加えて当然ながら人件費が発生します。仮に自社でイチからインターネット広告専門のスタッフを育てていこうとした場合は、金銭面だけでなく自社スタッフがインターネット広告の運用を学ぶための時間も必要になるでしょう。「なんとなくインターネット広告に興味があるな」という方には金銭面においてもプロに依頼する方がお得な場合が多いかと思われます。

プロに依頼するメリット③「最新機能が常に活用できる」

インターネット広告を取り巻く環境は日々変化しており、常に最新情報をアップデートすることが欠かせません。多種多様なインターネット広告を学び、常に情報をアップデートし、配信結果や時流に合わせてより効果的な広告配信を継続して行うのは容易ではありません。しかし当社ではインターネット広告を専門とする部署がありますので、企業様のご要望や目的に合わせて必要な最新機能を常に活用したインターネット広告の運用を行います。

プロに依頼するデメリット「自社にノウハウがたまらない」

基本的に広告の設定や運用に至るまでインターネット広告を配信するために必要な作業のほとんどを代行することが多いので、お客様自身が運用のデータも確認せず任せっきりの状態になると自社内でのノウハウがたまらないことになります。

当社ではそういった問題を解決するために、定期的に報告の場を設けさせていただき、どのような運用を行い、その結果としてどうなったか、その結果を受けて今後どうしていくかなど詳細に報告、ご相談させていただき、インターネット広告運用のノウハウを共有していきます。

まとめ

今回はインターネット広告をプロに依頼するメリットとデメリットをご紹介させていただきました。今回挙げたメリットとデメリットは以下になります。

メリット①:成果の出るノウハウをすぐに導入できる

メリット②:専用スタッフを雇うより割安

メリット③:最新機能が常に活用できる

デメリット:自社にノウハウがたまらない

 → 当社では定期的に報告会を実施し、インターネット広告運用のノウハウを共有します

もし、インターネット広告に興味があるけど何をすればいいかわからないといった方はプロに相談してみるのもいいかもしれません。

当社でもなにかお手伝いできることがあるかもしれません。是非お気軽にご相談ください。